Search

8-roads.net

MAZDA RX-8 Spirit-Rとともにある日常。

ビットコイン初心者。

「兄さんやっぱり知らないんだ」
「兄さんが知らないわけないだろ」
なんて出川哲郎のインパクトあるCMもつかの間、
そのCMをしていた企業「コインチェック」は
実はシステムのセキュリティに問題があり、
約600億円もの「ネム」という仮想通貨が不正アクセスで国外にとられてしまいました。
社長が記者会見している最中にも引き出されたとかなんとか。
こんなセキュリティがユルユルだったのを知らなかったのは兄さんだけじゃなかったはず、
いや、兄さんは知っていたからあのCMで弟に問い詰められて応えられなかったのか…。

実は自分はその数日前にビットコインの口座を開設していたのです。
正直、昨年同時期のビットコインの価格より10倍も高くて年末の急騰・急落後であることや、投資等と違って投機なので、社会に資する事業を後押しする社会性という意味合いもあまり感じないなど、今参入するうまみもあんまり感じないのが実際です。
ドラクエの中でゴールドを増やすカジノのように、バーチャル上で増えた減った、というような単に増やす減らすだけのゲームのようなイメージです。

一方で、
最近は(ネット上の)大手のショップやモールでビットコインがリアルマネーがわりに使えたり、購入額に応じてポイントのようについてくる時代です。
話題のものは火傷をしない程度にやってみないと分からない、という性質がむくっと頭をもたげてきました。

さっそく利用する決済サービスを決めるべく
「どこがいいのかなー」
などと各会社のサービスの評判を探しました。
いろんな情報があり、アフィリエイトのおススメ記事なども多くてイマイチ信用できない…。

出川哲郎のCMも印象的だったのでコインチェックも脳裏によぎったものの、
「こういうのってインパクトで決めるもんじゃないよな」
ただでさえ、なんの裏付けも実態もない仮想通貨なわけですし。

ということで、
システム投資のことなどを考えて資本金が41億円となかなかの額の「ビットフライヤー」(成海璃子さんのCMがどえらいダサい気がするのは気のせいにして)というサービスを使うことにしました。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ちなみに580億円流出したコインチェックは
「日本一のビットコイン取引高」
を喧伝していたわりに資本金は9200万円。ちょっと違和感がありました。

ということで、ビットフライヤーに決定。

証券会社のオンライントレードなどと違って、あっという間に口座が開設されました。
「えぇ…これでいいの…」
というくらいあっさりと。

ということで、恐る恐るユーザーインターフェースなどをいじってみたりして、全国チェーンの大衆居酒屋で2,3回飲めるくらいの小遣いを入金しました。
基本的には、この小遣いで試すのです。
ほほー、発注単位によっては数百円の発注なんかもできるのか―(できても結局、その単位ではたいして儲からないんでしょうけど)

数日後…コインチェックが不正アクセスと大騒動。

「飲み代が消えるー!」

とビビって確認したら、ビットフライヤーは大丈夫でした。
あの時、CMのインパクトだけで決めなくてよかった!

ただ、利用者が流入したのか?
売り買いしたいときに限ってえらいサーバーが重いのが難点ですが…

はてさて。仮想通貨。
どんなふうに発展していくんでしょうかね。

ここ数日は「おー、数百円もうかった」「ぎゃー、損してる」
なんてかわいらしい単位の一喜一憂ですが、
今朝に結構下がったので千円単位で価値下がってます(涙)

 

Comments are closed.

© 2018 8-roads.net . All Rights Reserved.